太陽光発電でエコを実現!

電気を作る時には資源を使いますよね

電力会社が電気を作る場合、火力発電では火を燃やしてタービンを回転させる、回転力により電気が作りだされます。
火を燃やすためには燃料が必要であり、この燃料と言うのは地球の限りある資源であり、資源が底をついてしまえば発電が出来なくなります。
更に、火を燃やすと言う事は空気を汚し、CO2の排出が行われるため地球温暖化に拍車をかける形になります。
太陽光発電の資源は太陽エネルギーと言う限りがないものです。太陽光がソーラーパネルに照射すると、内部の半導体により起電力が作り出され、電気エネルギーに変換出来るという、再生可能エネルギーを利用しているため、CO2の排出もないわけです。
地球温暖化を抑制させられる、資源保護にも貢献出来るなどエコな発電システムが太陽光発電の最大の特徴と言えましょう。

家庭で太陽光発電を利用した場合の電気代とは

住宅の屋根の上にソーラーパネルを設置している家が多くなっていますが、ソーラーパネルを数台設置した場合、住居内で利用可能な電気を作り出せます。
ソーラーパネルで発電した電気は接続箱と呼ばれている設備機器にケーブルで送電が行われ、接続箱内ではソーラーパネルからの電気を直列に接続しています。
そのため、ソーラーパネルの設置台数が多くすると家の中で使う電気を作り出せるのです。
住居内で利用する電気は太陽光発電で作りだされた電気で賄えるので、電力会社から送電される電気を使用する必要がなくなり、電力会社が供給する電気量が減るためエコに繋がって行きます。
更に、住居内で利用しない電気は電力会社に買い取りして貰えるので、電力会社が供給する電気量が減るためエコに貢献する事が出来るのです。